もっと知りたい人気のダイエット

胆汁酸でダイエット


↑クリックすると、「世界一受けたい授業」公式サイトへジャンプします。

 

「世界一受けたい授業」(2013年5月18日放送 日テレ)では、『最新研究でついに見つかった!救世主!胆汁酸ダイエットって何?』(渡辺 光博 先生)という授業が行われた。見ていない方のために授業を振り返って胆汁酸ダイエットとは何か、また、どうしたら胆汁酸を使って効果的にダイエットすることが出来るのか等を考察して見たい。

 

世界一受けたい授業(日テレ)

 

■胆汁酸とは

 

胆汁酸は、
@肝臓の肝細胞で、コレステロールから生成され、胆汁として胆嚢に蓄えられる。
A脂肪などの食事を摂取すると、十二指腸に分泌される。
B胆汁酸は、体内コレステロール代謝の最終産物である。
C肝臓は、胆汁として、胆汁酸やコレステロールを、体外に排出する。
D胆汁酸を含む胆汁には、水の表面張力を低下させ脂肪を乳化させる作用(脂肪の小腸での消化、吸収を促進する)や、アルカリ性なので胃から十二指腸に送り込まれる酸性の乳びを中和する作用や、多くの薬品、毒素、胆汁色素(ビリルビン)、無機物質(銅、亜鉛、水銀など)を、体外に排出する作用がある。
(「胆汁酸」より

 

 

 

△「もっと知りたい人気のダイエット」トップページへ戻る

胆汁酸ダイエット授業の復習

『最新研究でついに見つかった!救世主!胆汁酸ダイエットって何?』の授業を復習してみよう

 

■胆汁酸は

 

@新しい方が良い働きをする
A体内の胆汁酸の量は決まっているので、古いものを排出しないと新しい胆汁酸は作られない。
B食物繊維が古い胆汁酸を吸着し、便として排出する。

 

■胆汁酸の効果的な排出方法

 

@マイタケを食べる(炊き込みご飯、お吸い物)
※マイタケには、臓器や血液の余分な脂肪を古い胆汁酸を一緒に便として排出、腸を活発にして便意を促す
A大麦をとる
※大麦は、食物繊維がゴボウの約2倍、ハック米の約20倍含まれ、内臓脂肪を減らす効果がある
B杜仲茶を飲む
※杜仲茶には、胆汁酸の排泄作用が高い成分アスベルロシドが含まれる。また、杜仲には、ゲニポシド酸という物質があり血圧下降作用、利尿作用などがある。
C腸もみを行う
・イスに軽く腰かけ足を軽く開く
・両手をへその下3cmへ指し込み大きく息を吸う
・息を吐きながら手首が
 太ももにあたるくらいまで上体を倒す
・指先を指し込んだ状態で時計回りに3回まわす
・息を吸いながらゆっくり上体を起こす

 

※寝る前やお風呂上がりにやるのがオススメ。
※強く、もみすぎないよう注意する。
※通院中の方、妊娠中の方は医師に相談すること。

 

 

 

△「もっと知りたい人気のダイエット」トップページへ戻る

胆汁酸で効果的にダイエット

■杜仲茶を飲みながら効果的にダイエットする

 

 

■マイタケエキスで効果的にダイエットする

 

 

■大麦若葉で効果的にダイエットする

 

 

 

△「もっと知りたい人気のダイエット」トップページへ戻る