殺陣でシェイプアップ

殺陣でシェイプアップ

最近、殺陣の教室に通う女性が増えているらしい。こういう剣をふる女性を「刀剣女子」と呼ぶ。殺陣の練習はフィットネスになり、シェイプアップが期待できる。殺陣教室に通う刀剣女子が、「情報プレゼンター とくダネ!」(フジテレビ)に紹介された。何故、女性が剣術の練習をするのか?その理由が紹介されていた。

 

それによれば、『殺陣には「チャンバラ」などと侮れない真剣さや奥深さがある』ということ。番組で殺陣を教えていたのは、「芸道殺陣 高瀬道場」で、殺陣は年齢や運動神経に関係なく誰にでも出来るとのこと。インタビューされていた女性は、ストレス発散になり、姿勢が良くなったと言う。また、道場に通う前と比べると、性格が積極的になったといっていた。

 

次に、番組で紹介されていた「芸道殺陣 高瀬道場」の練習風景を紹介する。殺陣はシェイプアップになるので、「刀剣女子」や「歴女」以外の女性たちにも人気がある。

 

 

 

△「もっと知りたい人気のダイエット」トップページへ戻る

芸道殺陣 高瀬道場

刀剣女子とは,刀剣女子 シェイプアップ,殺陣 シェイプアップ,殺陣 ダイエット,ダイエット,ストレス解消,殺陣 ストレス解消,殺陣 道場,高瀬道場

高瀬道場は、アクション俳優の養成場として約40年の歴史がある。2カ月に1度、女性限定講座を開いているそうだ。殺陣で使う帯と竹光の刀は、道場から貸してもらえる。

 

この女性限定講座は、開講するとすぐに定員に達してしまい順番待ちの状態。殺陣の教室は「刀剣女子」達で大賑わいである。年齢も10代から60代と幅広く、学生から社会人、主婦などと顔ぶれも様々。

 

練習は、最初に竹光の握り方や帯への差し方などから始まる。竹光は、実際にドラマや舞台で使う物と同じも樫の木のものが使われるらしく、真剣の半分程度の重さ(約700グラム)がありずっしりと重い。

 

練習はさらに、構えから相手を切る動作を行う。切る動作には、振り下ろす「唐竹割り」、下から上に切り上げる「逆袈裟切り」、真横一文字に切る「胴斬り」などがある。基本動作を一通り学んだ後は、時代劇さながらの音楽を流しての数人が立ち回りを行う激しい動作。最後に、刀を納める(納刀)で練習は終了する。

 

重量感のある刀を振りながらの数人の殺陣動作は、結構の運動となる。なかなかのダイエットが期待できるのではないか?それよりも、日頃から気にくわない上司の顔を思い浮かべて、「チェストー」って一刀両断すれば気分爽快間違いなし。

 

■芸道殺陣 高瀬道場

 

 

 

△「もっと知りたい人気のダイエット」トップページへ戻る